肌の乾燥による背中ニキビ

肌の乾燥がニキビの原因に?

皮脂の過剰分泌がニキビ発生の大きな原因のひとつなのですが、自分ではオイリー肌だと思っていても、実は乾燥肌だったということがあります。けっして乾燥肌はカサカサとは限りません。ベトつくことも乾燥肌の状態の一つなのです。

何らかのきっかけで肌の水分と皮脂のバランスが崩れてしまうと、先ず皮膚は不足する水分から肌を守ろうとして、自然に皮脂の分泌量が増えて過剰になってしまうのです。また乾燥によって肌のターンオーバーが乱れるため、角質が硬くなり毛穴も詰まりやすくなり、肌が悪循環に陥ることになります。

洗いすぎは禁物!

通常のニキビケアでは、こまめに洗って肌を清潔に保つことが重要といわれていますが、あまり頻繁に洗浄をしすぎると、乾燥肌を助長してしまい、かえってにきびを悪化させがちになります。思春期ニキビのように、脂質と汚れを落として清潔な肌にするという対策とは違い、乾燥性のにきび肌の解消には、肌自体のの改善が必要なのです。

 

うるおいを与えましょう

肌を清潔にしたうえで角質に水分をあたえ、柔らかく潤いのある肌環境にするため、化粧水などを使うようにします。乾燥肌でニキビが出やすい場合は、脂分のあるクリームや乳液は避けて化粧水と美容液を使って保湿をします。また、肌のうるおいを取り戻すためのジェルなどもあるので、試してみては如何でしょうか。
他には入浴で血行促進をはかり、細くなった毛穴を開くことも効果があると言われています。ぬるめのお湯でリラックスした入浴が良いでしょうね。

どうして肌が乾燥するんだろ?

【角質層が肌の潤いを左右する!】
女性なら誰でも、潤いに満ちたみずみずしい肌に憧れるもの。
では、そもそも「潤っている肌」とはどういう状態の肌をさすのでしょうか。
その決め手は、皮膚の一番外側にある角質層にありました。