シャンプー、ボディソープ、髪の毛による刺激

シャンプーの洗い残しや髪の毛の刺激など

髪の毛を洗ったシャンプーやリンスが、そのまま肩や背中に残り、それがニキビを発生させる一因になる場合があります。

頭皮や毛髪の汚れを落とすシャンプーには、界面活性剤という洗浄効果を出したり、油脂と水分を分離させない役割がある成分を配合しています。
しかし、この界面活性剤も様々なタイプのものがあり、皮膚に影響が大きい成分が含まれている場合、きれいに洗い流されないままで肌に付着していると、肌に過剰な刺激を与えたり、毛穴を詰まらせてしまい、炎症を起こしてニキビへとつながるのです。ヘアケアとボディケアは別物とは考えず、双方ともきちんと考えてトータルでケアしましょう。
もう一つは、髪の毛が背中の肌へ触れることによる汚れの付着や、毛先が肌にあたえる刺激もニキビの原因として考えられます。

髪の毛が背中にかからないように

髪の毛を結ぶ、あるいは背中にかからない長さにカットし、極力肌への刺激となる事を避けましょう。お出かけの時には難しいかもしれませんが、自宅にいる時は髪の毛を結んで過ごすことを心がけてください。入浴の際、ロングヘアの方であれば、お風呂上がりにはすぐに乾かして、濡れた髪が背中にかからないようにしましょう。

入浴の順番に気をつける

背中に残ったシャンプーやリンスを丁寧に洗い流すのはもちろん、洗う順番を見直す事が重要です。
最初に髪を洗い、次に顔、首、肩から背中というように洗えば、効率よくシャンプーやボディソープなどを洗い流せることができます。また最初に湯船で体をよく温め、髪や体を洗ったあと、最後に再び湯船で体を温めるのも良いようです。
シャンプー後のトリートメントやリンスも同様に、浸透させる時間を考えて、ボディを洗った後に流す方も多いと思いますが、これも洗い残しが体に残らないように心がけてください。

 

シャンプーの種類を変えてみる

シャンプーそのものを刺激が強くない、皮膚に優しい種類のものに変えてみるのも良いですね。

先にも書いたように、一般的にシャンプーやボディソープは強い洗浄力を持っていますが、そこに使用されている界面活性剤の成分を確認して、石油系の界面活性剤を使っていないものにしてみましょう。またシャンプーをノンシリコンタイプにして試してみては如何でしょうか。
ボディ洗いについても、たとえば無添加の石鹸や天然成分の石鹸など、皮膚に優しい成分のものが、背中のニキビに対しても有効といえます。
また、背中を洗う時にはゴシゴシと強く洗わず、やさしく洗う事を心がけてください。

 

ノンシリコンシャンプー【ポッシュヘアケアシャンプーNS】

13種の植物種子エキス、5種のスカルプケア成分配合のノンシリコンシャンプー。

ノンシリコンシャンプーにありがちな洗い上がりのきしみ感を抑制します。

またシーネイチャーエキス、ランドネーチャーエキスがスカルプケア!

【ポッシュヘアケアシャンプーNS】は旧表示指定成分、石油系合成界面活性剤も無配合。

赤ちゃんからお年寄りまで幅広くご使用いただけます。

通常価格5,040円が【初回限定特別価格3,780円!】