背中にきびの原因は?

なぜ背中にニキビができるのでしょうか?

ニキビが出来る原因は顔も背中も変わりません。

 

背中は皮脂が多く分泌される場所で、その皮脂を分泌する毛穴に、角質(死んだ細胞)が詰まったものを角栓と呼びます。

 

この毛穴に詰まった角栓と皮脂が混じって、毛穴が塞がれて皮脂が分泌できない状態になると、コメドと呼ばれる白いブツブツが肌にできるのですが、これが初期段階のニキビのひとつ『白ニキビ』です。

 

また、毛穴が角栓で塞がれずに、皮脂が空気に触れて酸化した場合は、毛穴が開いて表面が黒く見える『黒ニキビ』になります。

 

これら、初期の白ニキビ、黒ニキビの段階でしっかりケアをしなければ、皮膚に常在するアクネ菌が、毛穴の中で皮脂を栄養に活動し、炎症をともなった『赤ニキビ』へと進行してしまうのです。

 

赤ニキビの炎症が治まっても、最悪の場合は皮膚が傷つけられて跡が残るなどします。
これらニキビを作らないためには、日頃から毛穴をつまらせず、皮脂の過剰な分泌を抑えなければなりませんね。

背中ニキビを引き起こす要因は?

背中ニキビといっても様々なタイプがあり、またできる原因もいくつかあります。また、それぞれが複合的に影響している場合もあります。

 

主な原因

 

シャンプーやリンス、ボディソープ。また髪の毛による皮膚への刺激

 

肌の乾燥による潤い不足

 

紫外線による活性酸素の発生

 

生理周期と肌の関係

 

ホルモンバランスの乱れ

 

喫煙による影響