たばこ 活性酸素

タバコとニキビの関係

貴方がもしニキビで悩む喫煙者なら、今すぐ禁煙することをオススメします。また自分自身がタバコを吸わなくても、周囲に喫煙者がいるなら「受動喫煙」にも気遣うべきです。

 

喫煙が及ぼす健康への影響はあまりにも多いため、ここではお肌に大きく影響する点に絞って述べていきましょう。
ニキビをはじめとするお肌の状態と、喫煙習慣には深い関係があるのをご存知ですか?

喫煙は皮膚の毛細血管を収縮させて血流を悪化させる

喫煙による血流低下作用はとても強力です。
タバコに含まれるニコチンは、交感神経を刺激して血管平滑筋を収縮させるため、末梢血管の血流が減少し、体温が低下します。
その結果、身体全体の新陳代謝が阻害されて、ターンオーバーが乱れてしまうのです。

喫煙は体内に活性酸素を大量に発生させる

活性酸素は「身体の細胞を酸化させる力が非常に強い酸素」のことです。
人間は呼吸によって空気中から酸素を体内に取り入れつつ、食べ物などを燃焼させてエネルギーに変えています。
この活性酸素は殺菌力が強くて、体内では細菌やウイルスを撃退する大切な役目をしています。

 

通常は体内の酸素うち、約2%が活性酸素になるといわれています。
ところが活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃(酸化)してしまうのです。

 

これが「酸化=サビる」ということで、お肌にとっては老化や弾力低下につながります。

 

喫煙することにより、ニコチンなどの多量の有害物質が体内に送り込まれ、それを攻撃する免疫システムにより、多量の活性酸素が発生します。
タバコ1本を吸えば、100兆子の活性酸素が発生すると言われています。

喫煙で体内のビタミンCを消耗させる

この活性酸素を捕捉し、無害化する「抗酸化作用」を持つのがビタミンC。
通常1日あたり100mgのビタミンCが推奨摂取量と言われていますが、タバコを1本吸うことで25mgのビタミンCが消費されます。
これでは喫煙している限り、いくら大量にビタミンCを補給しても不足してしまいますね。

 

余分な皮脂を抑制したり、肌の抗炎症作用を持ち、メラニンの生成を抑える、といった効果のあるビタミンCが不足してしまうと、ニキビ肌にとっては大問題です。

このように、たとえ貴方が高価なニキビケアを利用していたとしても、その効果はたった1本のタバコで帳消しとなってしまいます。
それでも未だタバコを吸い続けますか?

 


全く新しい禁煙法【ストレスを感じない禁煙】