ニキビ原因 ホルモンバランス ストレス

ストレスが肌にダメージをあたえる!

女性におけるの男性ホルモン値の最初のピークは16歳から20歳の頃で、この期間に皮脂分泌は過剰になり、これが思春期ニキビの大きな原因のひとつなのです。

 

次に女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少し始める30代後半から40代にかけても、男性ホルモン値は高くなるため、これが女性にとって第2次の皮脂分泌のピークとなります。

 

ところが昨今の女性は、様々なストレスからエストロゲンのレベルが低下していて、本来なら30代後半から始まる男性ホルモンの第2次ピークが、20代後半に早まっているケースが多発しているのです。

 

ストレスで自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になると、心身ともに攻撃的な状態になり、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが大量に分泌されます。
そして副腎皮質からの男性ホルモン分泌が高まって皮脂過剰になるのです。

肌の大敵【活性酸素】

ホルモンバランスが原因のニキビは、皮脂の過剰分泌を背景にした活性酸素病とも言えます。

 

皮脂分泌が非常に増えると、毛穴の底にいつまでも脂が詰まっては大変!と細胞がリバーゼという酵素を出して、脂を遊離脂肪酸という酸に分解するのです。
こうすると脂は詰まらなくなるけど、遊離脂肪酸は毒性が強いため、皮膚を破壊して穴を開けてしまいます。
さらに遊離脂肪酸は、皮膚に存在しているリンパ球を活性化して活性酸素を発生。これが皮膚に炎症を起こして赤ニキビへと進行します。

 

やっかいなのは、炎症をおこすと、皮膚深部の真皮層の組織まで溶かし破壊してしまうので、色素沈着やニキビ痕が残りやすくなってしまうことです。

 

一番の解決策は、ストレスを和らげるために、リラックスして副交換神経を優位にすることです。
例えばアロマを入れて入浴したり、好きな音楽を聴いたり映画を見たり、ホッとする時間をいっぱいつくるなど、すぐにできることからはじめてみては。

 

入浴時には、天然成分による毛穴ケア機能があるアイテムや、入浴後はリラックスして保湿ケアに役立つアイテムも試してみてください。